能=能動法則(そのリアリティを持つ者が自ら使うことのできる世界法則。他リアリティにいる場合には矛盾チェックが必要)
受=受動法則(そのレルムに足を踏み入れた者すべてに適用される世界法則。影響を受けたくなければリアリティ・バブルを張ることが必要)

 

コアアースアイルナイル帝国リビングランドニッポンテックサイバー教皇領オーロシュスペースゴッズサーコルドランドビロウツ・ラヴォックアステカ帝国

 

●コアアース

天才の法則
(The Law of Prodigy)

キャラクター作成時に「天才パック」を取得し、主要技能を6レベルで始めることができる。「天才パック」は選択技能ポイントを6点分消費するか身体的・精神的障害を得ることが必要。

希望の法則
(The Law of Hope)

ポシビリティ能力者は人数に関わらず、1幕に1回、ドラマティックシーンに、イニシアティブを掌握することができる。また、変身難易度が1段階良くなる(変身しにくくなる)。

偉業の法則
(The Law of Glory)

偉業の伝説を伝播させるときの〈説得〉ロールに+2のボーナスを得る。

▲TOPへ

●アイル

観察の法則
(The Law of Observation)

観察されたものが存在するものであり、観察に基づいて理論が作られる。

魔法の法則
(The Law of Magic)

全ての種族が生まれつき魔法技能と魔法知識を1つずつ持つ。《敏捷度》《知覚》《知力》の限界値が14に、《筋力》《耐久力》の限界値が15になる。

名誉の法則
(The Law of Honor)

名誉は自ずと明らかになる。〈名誉〉技能を持つ者は様々な特典を得る。

不正の法則
(The Law of Corruption)

不正は隠すことができない。〈不正〉技能を持つ者は様々な特典を得る。

▲TOPへ

●ナイル帝国

正邪の法則
(The Law of Morality)

全ての知的生物は善か悪の本性を持つ。「警戒」カードで相手の本性を見抜いたり、違う本性の者を魅了して自分の本性に変えたりすることができる。

マンガの法則
(The Law of Drama)

パルプマガジンのように、ストーマーは常に厄介ごとや冒険に巻き込まれ、危機に陥り、間一髪で助かる。

活劇の法則
(The Law of Action)

ポシビリティで振り足したダイスの目が気に入らない場合、ポシビリティをもう1点消費することでもう1回ダイスを振り直して、どちらか好きな方の目を使うことができる。

▲TOPへ

●リビングランド

深い霧
(The Deep Mist)

深い霧が常にレルム全体を覆っているため視界は最大で30mぐらいしかない。はっきり見えるのは10m程度で、太陽を含めて全ての天体が見えにくい。土地の地場が狂っており、コンパスも役に立たない。

生命の祝福
(Lanala's Love of Life)

深い霧に触れた「死せるもの」(動植物などの有機物)は24時間で腐り切る。缶詰などは開けなければ問題はない。また、元の生物の原形をとどめていないもの(パン等)も影響を受けない。

物資の紛失
(The Law of Lost Valuables)

生物と無生物との結びつきが弱いため、“偶然に”リュックに穴が開いていたり、川に落ちて物資を流されたり等、大切な物品をしばしば紛失する。

▲TOPへ

●ニッポンテック

陰謀の法則
(The Law of Intrigue)

〈隠れ身〉、嘘による〈魅了〉〈説得〉、ポシビリティ能力者は〈トリック〉、賄賂を使った〈説得〉にも+3のボーナスを得る。〈変装〉を見破るための《知覚》ロールの成功レベルが1段階下がる。あらゆる組織の構成員の100人に1人はスパイか裏切り者である。

利潤の法則
(The Law of Profit)

富める者はますます富み、貧しいものはますます貧しくなる。年収が350万円以上の者は物を買う際に10%引き、1,050万円以上の者は25%引きで購入できる。

復讐の法則
(The Law of Vengeance)

「仇敵」カードと同様、重大な被害(自分でも他人でも)を受けた相手に対し、最低数幕をかけて計画した復讐で仇を討った場合、その幕に6ポイントのポシビリティを得る。

▲TOPへ

●サイバー教皇領

唯一神の法則
(The Law of the One True God)

サイバー教会は他の宗派を認めていないため、サイバー教会以外の奇跡の難易度が上昇する。宗教により上昇度は異なる。

異端魔術の法則
(The Law of Heretical Magic)

魔法は悪魔の技であると考えられている。魔法は発動しにくくなる反面、効果は増大する。難易度と反作用に+3されるが、効果値は+5される。

試罪の法則
(The Law of Ordeal)

「熱湯の試罪」「決闘の試罪」などの試罪が実際に力を持ち、罪人を裁くことができる。

疑惑の法則
(The Law of Suspiction)

他人に不信感を持っているため、〈説得〉〈魅了〉される際の〈意志力〉が+3される。相手が身分証明を持っていれば+1で済む。〈挑発〉〈威嚇〉のロールに+3のボーナスが得る。

▲TOPへ

●オーロシュ

恐怖の力
(The Power of Fear)

ストームナイトが魔物の克服難易度に対する克服チェックに失敗すると、魔物は恐怖ポイントを得て、様々なボーナスを得る。

堕落の力
(The Power of Corruption)

邪悪な行動をしたキャラクターは、堕落チェックを行って成功すると、〈堕落〉技能を得てしまう。堕落度が増えていくごとにキャラクターは魔物と化していく。

永劫輪廻
(The Law of Eternal Corruption)

魔物は、それぞれ決まった「真の死」を与えない限り、その魂は待ち人の館に戻り、別の魔物の体を得て転生する。

▲TOPへ

●スペースゴッズ

信仰適合の法則
(The Law of Religious Compatibility)

スタースフィアはさまざまな種族が混在する宇宙であり、あらゆるものを受け入れるリアリティのため、宗教的対立が全く起こらない。

受容の法則
(The Law of Acceptance)

スタースフィアはさまざまな種族が混在する宇宙であり、あらゆるものを受け入れるリアリティのため、他のレルムの世界法則が矛盾を起こすことがない。

ジナットの道
(The Way of Zinatt)

あらゆる知的生物は、アカ、コアー、ジナットのいずれかの属性を持ち、様々なボーナスを得る。他のリアリティのキャラクターも、レルム内にいる間は3つの属性のいずれかに属する。

▲TOPへ

●サーコルド

蛮行の法則
(The Law of Ferocity)

特攻を行う場合、KとOは無効、KOは転倒になる。〈説得〉〈魅了〉される際の〈意志力〉、〈威嚇〉や〈挑発〉に+3のボーナスを得る。不意打ちを受けにくくなる。

苦痛の法則
(The Law of Pain)

苦痛(少なくともKダメージ以上)を与えた者はその相手以外に、苦痛を受けた者は24時間後にその相手に対してのみ、振り足しを得る。

支配の法則
(The Law of Domination)

服従を誓った相手に対して不利益を与える行動の達成値が−3され、利益を与える行動の達成値には+1される。逆に服従を誓わせた相手に対する〈説得〉〈威嚇〉〈挑発〉〈魅了〉に+3のボーナスを得る。

▲TOPへ

●ランドビロウ

野蛮の法則
(The Law of Savagery)

「ヒーロー」「ドラマ」カードは、攻撃とダメージ減少にしか使用できない。異性に対する《魅力》ベースの行動に+3のボーナスを得る。服が自然に破れ、男女ともに性的魅力が増大する。

活劇の法則
(The Law of Action)

ポシビリティで振り足したダイスの目が気に入らない場合、ポシビリティをもう1点消費することでもう1回ダイスを振り直して、どちらか好きな方の目を使うことができる。

脅威の法則
(The Law of Wonders)

謎の遺跡や遺産、ありえない構造の建物等が数多く存在する。エンジニアリング魔法の成果だと思われる。

▲TOPへ

●ツ・ラヴォック

絶対存在の法則
(The Law of the Most Real)

ラヴァゴンは自らの存在と世界観に絶対の信頼を置いているため、ツ・ラヴォックのアクシオムを超えた道具や技能を使わない限り、どこに行こうと自分のリアリティを保つことができる。

適者生存の法則
(The Law of Survival of Fittest)

強力で優秀な者だけが成長し、繁栄し、子孫を残すことができるため、ツ・ラヴォックのあらゆる生物はオーズであろうとポシビリティ能力者であろうと、戦闘結果表はポシビリティ能力者の欄を適用する。

超越の法則
(The Law of Transcendence)

〈ポシビリティ感知〉〈ポシビリティ奪取〉という技能を得る。超越したストーマーの“匂い”を嗅ぎ取ることができ、それを殺した際にポシビリティを得ることができる。

▲TOPへ

●アステカ帝国

生贄の法則
(The Law of Sacrifice)

生贄を捧げることで恩恵を受けることができる。生贄に捧げた場合、実行者は1ラウンド高揚する権利を得る。

神意の法則
(The Law of Divine Will)

《ウィル・オブ・ゴッズ》の奇跡を学んだ神官によって下された神託に従っている限り、その目的を果たそうとするあらゆる行為に+2のボーナスを得る。逆に神の意志に反する行為はすべて−2のペナルティを受ける。

征服の法則
(The Law of Conquest)

戦いのない状態に耐えることができない。《精神力》か〈リアリティ〉と同じ日数以上、戦いを我慢することができない。

▲TOPへ